あびこ病院は皆様の健康を守り、地域医療・介護に貢献していきます。

お電話にてお気軽にお問合せください。0666911155

  • 診察時間
  • 午前診9時~12時
  • 午後診13時~17時
  • 夜診18時~20時

理事長ご挨拶

飯田 都医療法人慈心会 理事長

医療法人慈心会 理事長 飯田 都私どもの「医療法人慈心会グループ」 は、地域に密着した良き医療や介護を提供する事により、皆様方の健康を守り、地域医療・介護に貢献できますことを職員一同が目標とし、日々努力、研鑽を重ねております。
医療分野に関しまして、「あびこ病院」におきましては、消化器疾患の急性期治療等に万全を期すと共に、二次救急指定病院として24時間体制で救急医療に対応しています。
高齢化社会の到来を背景として、施設介護に対応すべく「咲洲病院」では医療療養型施設を大幅に増設し、居宅介護につきましては「アミコ株式会社居宅介護事業部」 におきまして、訪問介護・デイサービス及びグループホーム等を運営し、高齢者の医療・介護に関しましても「心の通う医療・介護」を目指し実践しています。
グループの目標としております、医療・看護及び看護を担うことは、科学的にも人道的にも常に自己研鑽を重ねていくべき職業であります。この理念を忘れることなく、今後も地域に役立てる医療機関としての自覚を忘れず、頑張りたいと考えております。

病院について

病院概要

  • 病院名医療法人慈心会 あびこ病院
  • 所在地〒558-0014 大阪市住吉区我孫子3丁目3番20号
  • 開設年月日昭和31年10月1日
  • 開設者飯田 都(医療法人 慈心会 理事長)
  • 院長中作 茂(病院管理者)(外科)
  • 入院病床135床
  • 標榜科目内科・循環器内科・消化器内科・神経内科・外科・整形外科・皮膚科・肛門科・麻酔科(ペインクリニック)・放射線科・リハビリテーション科
  • 施設基準一般病棟 10:1入院基本料(病棟種別:一般 病棟数:2)
    看護必要度加算2
    救急医療管理加算
    診療録管理体制加算1
    急性期看護補助体制加算 25:1
    夜間急性期看護補助体制加算 50:1
    重症者等療養環境特別加算(2人部屋:3室6床)
    医療安全対策加算2
    医師事務補助体制加算 50:1
    後発医薬品使用体制加算1
    患者サポート体制充実加算
    退院支援加算1
    認知症ケア加算2
    地域包括ケア病棟入院料1
    データ提出加算1
    入院時食事療養(Ⅰ)
    院内トリアージ実施料
    ニコチン依存症管理料
    薬剤管理指導料
    がん性疼痛緩和指導管理料
    別添1の「第14の2」の1の(3)に規定する在宅療養支援病院
    在宅時医学総合管理料
    在宅がん医療総合診療料
    脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
    運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
    呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
    がん患者リハビリテーション料
    検体検査管理加算2
    ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
    CT撮影及びMRI撮影
    胃瘻造設術(経皮的内視鏡下、腹腔鏡下)
    胃瘻造設時嚥下機能訓練
  • 病院指定事項 保険医療機関
    二次救急指定病院
    労災指定医療機関
    大阪市公害医療指定医療機関
    生活保護法指定医療機関
    大阪府特定疾患医療費援助事業医療機関
    被爆者一般疾病指定医療機関
    生活保護法による指定介護機関
    感染症法37条の2医療機関
    特定健康診査・特定保健指導協力指定医療機関
    介護療養管理指導機関
    指定通所リハビリテーション
    介護予防通所リハビリテーション
    主治医(かかりつけ医)意見書記載医療機関

基本理念

  • 1:地域住民の皆様に密着した医療・看護及び介護サービスを提供します。
  • 2:患者様・利用者様の立場に立った医療・看護及び介護サービスを提供します。
  • 3:職員全員研修に励み、より安全な医療・看護及び介護サービスを提供します。

沿革

昭和31年10月
先代 飯田豊子があびこ病院にて個人創業。
平成03年04月
長男、飯田都(東京慈恵医科大学卒)が院長に就任。
平成16年06月
医療法人 慈心会として飯田都が理事長に就任。
平成19年05月
住之江区に咲洲病院を開設。

救急指定病院として24時間受け入れ体制に万全を期すると共に、診療に際しては内科専門医クループ、内視鏡認定医等々が診療にあたり、高度の専門医療を行っている。特に内視鏡関連の各検査及び治療への応用には力を入れており、食道静脈瘤破裂を含む種々の消化管出血等には、即応でき得る体制を取っている。またターミナルケアも含んだ各種ペインクリニックにも取り組んでおり、今後とも地域に密着した、多機能型の病院を目指している。

「女性活躍推進法」に基づく事業主行動計画

「女性活躍推進法」が平成28年4月に施行され、女性がより一層活躍できる体制を整備し、進めていくために策定しました。

 女性職員活躍の推進に関する事業主行動計画

ホームに戻る
ページの上に戻る