消化器内科は、胃、腸、肝臓、膵臓など病気治療を担当する専門科です。

お電話にてお気軽にお問合せください。0666911155

  • 診察時間
  • 午前診9時~12時
  • 午後診13時~17時
  • 夜診18時~20時

消化器内科

当院消化器内科では最新内視鏡設備(OLYMPUS:EVIS LUCERA ELITE)を導入し、NBI(狭帯域光観察)を加味した拡大上・下部内視鏡を行い、早期胃癌・大腸癌の発見、大腸ポリープの切除に取り組んでいます。
希望があれば経鼻内視鏡による検査も行っています。
また総胆管結石、閉塞性黄疸などの肝胆膵疾患に対しては、診断・治療として内視鏡的胆管膵管造影(ERCP)、胆管ドレナージ(ERBD,ENBD)、経皮経肝胆管ドレナージ(PTCD)、内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)を行っています。
手術適応があれば消化器外科と連携して対応します。
経口摂取困難な患者さんには内視鏡下胃瘻創設術(PEG)を行い在宅利用などに繋げていきます。
胃・十二指腸潰瘍、胃癌の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌は積極的に行っています。

腹痛・腹部違和感、便潜血陽性や下血、便秘などの症状、ピロリ菌の除菌希望の方はぜひご相談ください。

  • 副院長 武田雅一TAKEDA MASAKAZU

    内科医師
  • 松本文子MATSUMOTO FUMIKO

    内科医師
  • 岩崎剛雄IWASAKI TAKEO

    内科医師

主な治療内容

胃潰瘍・十二指腸潰瘍・大腸憩室・各種消化器癌・電子内視鏡検査・バリウムによる透視検査

ホームに戻る
ページの上に戻る