看護師の皆さん! 転職をお考えなら大阪の咲洲病院で!

看護師の皆さんが転職を大阪でご希望されるなら、ぜひ私たち咲洲病院をオススメいたします。看護部の内情が分かる当募集サイトをご覧ください。

咲洲病院 看護部

我々看護部は、地域に根ざし患者様に寄り添える看護を看護師一人ひとりが意識しています。

3F療養病棟

3階病棟師長 柴田幸恵「スタッフの一人ひとりの個性を尊重する」

今がうまくいっているからいいのではなく、何が必要かを考えながら目標を持ち日々頑張っています。スタッフ一人一人の個性を大切にし力を合わせて病棟づくりをしています。
ママさん看護師もいますが、ほとんど残業もなく家事・育児と両立できています。

4F療養病棟

4階病棟師長 金森典子「五感を研ぎ澄ました観察力を活かす」

4階は、48床の療養病棟です。
長期療養を必要とする患者さんは、自分で思いを訴えることができる方もできない方もいらっしゃいます。言葉を発することができても思うように伝えられなかったり、認知症がある方もおられます。ここでは、五感を活かした観察力が重要で、目の前で起こっていることが、どのように観えるか感性が試されます。多職種が一丸となり毎日楽しくケアしています。

5F療養病棟

5階病棟師長 上田 亨子「全ては患者様の為に」

他部署との連携を深め、スタッフ間においては節度を持ってコミニケーション取る事、患者様とその家族様をお守りする為には、今何をするべきか常に考え実践する事のできる病棟を目指しています。そしてスタッフの人生も大切に、充実した毎日を過ごしていくことができるようにオンオフのバランスの取れた職場にと心がけています。周りに感謝し自分自身も大切に。それが患者様を大切に思う心となり、最高の看護を提供する事へとつながると考えています。

障害者病棟<2F一般病棟>

看護師長 甲斐真紀(障害者病棟)「チームワークの秘訣は、皆が笑顔で働くこと」

病床16床、の障害者病棟です。
患者様は自ら訴えることができない方が多い為、急変を予測・判断し的確な対応ができるよう日々スキルを磨きながら看護しています。また、医師、リハビリ、薬剤師、栄養管理士など、他職種との連携を図り治療・病状改善に努めています。また、患者様だけでなく、患者様のご家族様の声を傾聴し、精神面も支援できるよう心がけてます。
スタッフの年齢層も幅広く、20~60代ですが、関西ならではの笑いがありチームワーク抜群の病棟です。院内・院外研修への参加も積極的に行っており、さらなる看護の質の向上を目指して、がんばっています。ワークライフバランスのとれた職場だからこそ、安全で快適な看護を提供できると考えています。

外来病棟<1F>

外来病棟主任 吉田仁美「皆様に信頼され、必要とされる職員に」

外来病棟集合写真外来看護は、限られた時間の中で、通院患者様個々のニーズに応じた看護を提供するのが主な仕事です。私達外来スタッフ一同は、皆様に信頼され必要とされる職員となるため日々努力しています。また、外来スタッフ全員が子育て中のママさん看護師であり、生涯仕事を続けていけるように、お互いに支えあって頑張っています。